WEST END WATCH Co

1864年にスイスのサンティミエに設立されたアルシード・ドロー &サンズ社(Alcide Droz&Sons)が、最初の耐水性時計インパーミアブル(L‘lmperméable)を開発しました。この時計はスイスのラ・ショー=ド=フォンにある国際時計博物館に今日も展示されています。 その開発によって、1886年にアルシード・ドロー&サンズ社によって初のウエストエンド・ウォッチカンパニー(WEST END WATCH Co)の時計が製造されました。

「ウエスト エンド」は、英国の流行発信地であるロンドンのウエスト・エンドの地名に由来します。スイスからヨーロッパの貿易の要所であった英国に市場を求めていたことが、その名に込められています。

 

ウエストエンド・ウォッチカンパニーは、英国軍への供給を目的とした腕時計の製造を開始し、第一次世界戦時中には約5万本もの腕時計を供給しました。兵士からウエストエンド ウォッチの評判は広がり、やがて中東 やインドにまで流通を展開しました。 当時に生産されたヒンドゥー語で戦士を意味するソワール(SOWAR)は、映画「アラビアのロレンス」で知られるイギリス陸軍将校のトーマス・エドワード・ロレンスと彼の下士官が身につけたと語り継 がれています。そのロレンス部隊とインド軍が採用したことで、チベットからアデン(イエメンの旧首都)にまで好評を博し、その性能と信頼性が支持されました。 これにより、時計愛好家や軍用品コレクターの間で“ミリタリーウォッチの名門”としても古くから知られています。

 

1917年にウエストエンド・ウォッチカンパニーの社名をジュネーブにて登記。ソワール(SOWAR)のモデル名もスイスで商標登録されました。

 

1934年にはスイスで開発され、今日に数多くの時計メーカーが採用する革新的な腕時計用ムーブメントの耐震装置「インカブロック」を時計ブランドとして初採用しました。これにより、耐震・耐水・耐磁の全てを備える非常に優れた腕時計であったことから、軍や政府関係者より絶大な支持を得ました。

 

1950年代にはロンジン、シーマ、ティソなどへムーブメントや外装パーツを供給し、1970年代まではインド鉄道の標準装備品に採用され、インドの鉄道を安全運航させる一端を坦いました。

 

1980年代は、クオーツの登場により年間製造本数は100万以上から10万まで下落しましたが、2001年に社の新体制に伴い新たなブランド展開をスタートしました。

 

現在は、アルプス山麓のスイス南西部にあるレイトロンの地に生産拠点を構え、自社製品だけでなく他社のアッセンブリ―までも手がける歴史あるスイス製時計メーカーの1社です。

同社のアーカイブに見られる古典的なデザインをベースに、現代にふさわしいマテリアルを採用してクオリティ高くリモデルするなど、細部にわたり精巧に作り込まれています。また、徹底した生産管理体制のもと、熟練した技術者により高品質かつ適正化価格の時計を今日も作り続けています。

ベースキャリバーは、スイスのETA社製ムーブメントを採用し、 ロジウムコーティングと機械彫りを端整に施し、5ポジションで精度を平均日差±10秒以内に調整しています。

WEST END WATCH オフィシャルサイト ≫WEST END WATCH Japan Facebook

Collection

並び順:|価格が安い価格が高い

 ( 1 - 12 ) of 20  << [ 1 2 ] 次へ >>

 ( 1 - 12 ) of 20  << [ 1 2 ] 次へ >>

ページトップ