BERTHET

BERTHET(ベルテ)は、フランスのマニュファクチュール時計ブランドです。

その歴史は古く、創業者のジョセフ・ベルテが1888 年にフランス東部、スイスと国境を接するシャルモヴィエで創設した懐中時計の工房にさかのぼります。当初は小さな工房に過ぎなかったベルテですが、1893 年にブザンソンで開催された時計産業見本市で、ジョセフ・ベルテ製作の懐中時計が銅メダルを受賞。これを機に独自の時計ブランドとしての地位を確立しました。

 

ジョセフの豊かな知識と高い技術は兄弟や子供たちに受け継がれ、1950年代にはジョセフの孫である3代目クロード・ベルテが最新の工作機械を導入し、ケースの大量生産を可能にしました。また、より複雑で洗練された機械式ムーブメントを開発、製造をすべく設計オフィスをヴィレ=ル=ラックに創設するなど、ベルテに新しい時代を築きました。その後、1980年代に入ると4代目のピエール・ベルテが製造ラインの自動化やコンピュータ制御された工作機械の導入を実現しました。同時に彼は1800年代の機械を使用した伝統的な職人技術の継承にも尽力しました。

 

20 世紀後半はクォーツショックなどの影響により多くの時計ブランドが休眠状態に陥りましたが、ベルテは最新の製造技術と伝統的な技法の二つを両立することで一度も途絶えることなく荒波を乗り越え、さらにムーブメントを一貫製造できるマニファクチュールとして発展しました。

現在はピエール・ベルテと共に5代目のウィリアム・ベルテが経営に加わり、複雑な機械式ムーブメントとケースの設計・デザインの刷新に挑戦し、懐中時計の伝統を継承しつつ、新たな腕時計コレクションの開発を進めています。

 

<マニュファクチュールとしての伝統>

ベルテはマニュファクチュールとして歴史を刻むなかで、技術と共に伝統的な製造機器も継承をしてきました。現在も50-70年前の工作機械をメンテナンスしながらケースやパーツを製造し、エングレイビング(刻印機)も100年前のものを使用しています。時計ブランドの多くはオートメーション化を進めており、工業製品的な時計が増えていますが、手作業で製作する割合の多いベルテの時計には、古き良き時代の時計が持つ、独特の味わいが継承されています。

 

<フランス政府が認めたベルテの品質>

2017年、フランス政府はベルテに“EPV (Entreprise du Patrimoine Vivant /無形文化財企業)”のラベルを発行しました。
これは古くから受け継がれてきた専門的技術を保持する優秀な企業に対してフランス政府が与える認定証です。フランスで懐中時計と複雑な機械式ムーブメントの製造を自社で行うことができる企業、つまりフランス政府認定のマニュファクチュールとして、お墨付きを得たことを示しています。

 

フランスで生まれ、フランス政府によるEPV(無形文化財企業)に認定されたマニュファクチュール時計ブランド。

フランスらしいエレガントなデザインと代々受け継がれてきたマニュファクチュールとしてのこだわりのディテールをお手頃な価格でお届けいたします。- ESSE QUAM VIDERI -(見かけより実質を)

BERTHET オフィシャルサイト

Collection

並び順:|価格が安い価格が高い

 ( 1 - 7 ) of 7  << [ 1 ] >>

 ( 1 - 7 ) of 7  << [ 1 ] >>

ページトップ