お知らせ

Pick up! 70年代のレトロフューチャーな時計デザイン

2018-02-01

2018年はヒッピーやボヘミアンスタイルなどの70年代ファッションが流行する予感と言う記事を見ました。

70年代と言えば「太陽にほえろ」、ちょうどジーパン刑事(松田 優作)のようなファッションですかね。

そうそう、私もラッパズボンを穿いてました。小中高と過ごした70年代は見るもの全て新鮮でファッション限らずデザインをそれぞれ自由に楽しんでいた時代だったように思います。

 

70年代の時計デザインは、ケースからラグ、ベルトへと段差がなく一体化した流線形が特徴で、古き良き時代の近未来的なデザインに夢を感じさせます。

 

そんな、今で言うレトロフューチャーな70年代のデザインを採用したWEST END WATCHのシルクロードIIとHMTのコヒノールをご紹介します。

WEST END WATCH シルクロードII WE.SI2.39.BK.L 98,000円(税込)≫商品詳細

ケースデザインに加え、整然と配された立体的なデザインのバーインデック、6時位置に縦に表示されたデイデイト、4時位置のリューズが70年代風を強調しています。またひと手間かけたケースサイドからラグにかけた流線形のエッジのラインがカッコよく、ステッチのないレザーストラップがレトロ感をさらに引き立てています。

自動巻きムーブメントETA2836-2を搭載し、アンダー10万円はリアルプライス。さらにWEST END WATCHは自社製品だけでなく他社のアッセンブリ―までも手がけているので、この価格で嬉しいことに5ポジションでの調整です。

About WEST END WATCH

 

 

 

HMT コヒノール HKO36OCB 17,280円(税込)≫商品詳細

Kohinoor(コヒノール)は、ヒンディ語で「極上」を意味し、天然の恵みにちなんだ色彩の光沢のあるグラデーション文字盤が特徴です。

HMTの自社製の手巻きムーブメントは日本のシチズンと技術提携して1960年代以降の日本で高く評価されたシチズン ホーマーのムーブメントを今でも生産していて搭載しています。まさに古いと新しいが共存したOLD NEWな時計です。
About HMT

 

 

単なるデザインウォッチでなく、ストーリーを語れる、自分らしい時計をお探しの方は是非!

 

 

Pick up!

2018-02-17 HMTジャナータ ゴールドでエレガントに

2018-02-12 クロノグラフをデュアルタイムとして使ってみる

2018-02-01 70年代のレトロフューチャーな時計デザイン

2018-01-25 直径32oのHMT シャクティを楽しんでみる

 

 

 

ページトップ